プラセンタイメージ

プラセンタで若返りをしよう

年齢を重ねるほどに、これまでのスキンケアでは老化をカバーできないと感じていました。
もちろん、適度な運動や野菜中心の食事にも気を遣っていましたが、それだけでは足りないと感じていました。
そんな時、医療系のテレビ番組で、プラセンタがアンチエイジングや肌を若返らせるのに効果があるとの特集を見ました。
そこで、インターネットで調べてみると、たくさんのサプリメントが販売されていました。
とはいえ、プラセンタのサプリメントの場合、配合成分などによって効果がバラバラで、長い期間摂取し続けなければいけません。
効果が出るか分からないのに摂取し続けるのは嫌だったので、友人に聞いてみると、友人は病院でプラセンタ注射を打ってもらっていました。
プラセンタとは、胎盤由来の成分ですが、サプリメントに配合されているものは胎盤ですが、人の胎盤ではないそうです。
しかし、病院での注射には人の胎盤のプラセンタが使用されているため、より効果が高いそうです。
また、サプリメントだと効果が出ない可能性もありますが、注射ならば直接体に摂取するので、ダイレクトにその成分を体の中に取り込むことができます。
注射が苦手な人には点滴でも可能だと友人に聞いて、私もその注射を打ってもらいたいと思いました。
そこで、友人に病院を紹介してもらい、美容クリニックで注射を打ってもらいました。
その時、担当の医師に話を聞くと、人の胎盤を用いた成分は厚生労働省が認可しているものだと、たった2種類しかないのです。
その2種類とは、まずラエンネックという肝臓の治療に利用されているものと、メルスモンという更年期障害の治療に利用されているものでした。
これらは、病気の症状によって使い分けがされているそうで、サプリメントには配合されていません。
よって、病院で注射か点滴をしてもらっている人の方が、アンチエイジング効果が得られていると言われました。
この治療にかかった費用は、1本あたり3000円でした。
保険が効かないので実費払いですが、効果がすぐに現れるので、定期的に注射を打ってもらっています。
その効果とは、注射をした翌日には肌にハリが出て、化粧のりが良くなります。
また、たるみやシワも無くなってきたように感じており、実年齢よりも若く見られることが増えました。
サプリメントを購入するのと同じような金額でプラセンタ注射を打つことができ、しかも即効性があるので、これからもアンチエイジングのために続けていきたいてす。

Copyright(C) 2010 placenta.com All Rights Reserved.